ホーム > 東京-生活 > 『男はつらいよ』の舞台となった葛飾区柴又へ行ってきました★寅さんの聖地!!

『男はつらいよ』の舞台となった葛飾区柴又へ行ってきました★寅さんの聖地!!

実は、私。

『男はつらいよ』の大ファンです笑 あははw

寅さんが大好きなんです!!!

なんというか…古き良き時代って感じがするんですよね~。

そして、のどかなお正月を思い出すあの雰囲気。笑いありほろりあり、情緒溢れる日本の風景と、人情溢れる下町の人模様。

男たるもの!っていう感じをぐるんとひっくり返しつつ、情けなくも粋な日本男児な寅さんと、

女たるものこうあるべき!!!な美しい妹さくら。

もうね、ほんっと大好きなんです!!

また最近、『男はつらいよ』一話から観なおしているのですが、そこで思い立ちました。

あ、ココ東京だった!葛飾柴又行くしかない!と。

寅さんの冒頭のセリフとか、歌ももちろん全部暗記してます^^

産湯を使った帝釈天にいくっきゃねぇ!ということで、電車を乗り継いで乗り継いで、乗り継いで行ってきました。

・・・そう、少~し便利の悪いところ。

でも、いろんな電車に乗ってワクワク♪お出かけしてる、私!みたいな気分です笑

 

そして・・・やった!ついた!

柴又!!!

映画での柴又駅は、階段があるはずなんですよね♪

寅さんの弟子?の登が階段で泣くシーンがありますよね><

そのシーンで、登の後ろの看板に注目・・・

『コーヒー さくら(あやふやだけど)』みたいな看板があるんです。

さくらと言えば寅さんの妹。コーヒーショップの名前にも使ったのかなあ?と思っていたのですが、

なんと!実際にあったんですね!!すごいすごい!!ここでテンションがまた上がる私。。。

そんな、真顔で静か~にテンションが上がっていた私ですが、

きゃーーーーー!!!!!!!!!

寅さん!!!!

写真撮りまくり、ピタンッ!とさわりつつ笑、観光客の集団に混じり、きゃあきゃあなってました笑

そんな素敵な寅さんにさよならしててくてく歩くと。。。

帝釈天参道!!!!

ここです!!!きゃーーーー!!!!!

浅草の仲見世通りのちっちゃい版て感じです。

でも、なんだか情緒豊かな落ち着いた街並み。。。

そして、くんくん・・・いい香りww

腹ペコな私には誘惑だらけの通りでした。。。だって鰻屋さんとかあるんですよ!!!金さえあれば散財したいくらいおいしそうでした笑

浅草ほど人はいなくて歩きやすいです♪

そしてお待ちかね・・・

歩くたびに、私の胸はドキドキと高鳴ります。。。

そう!!!!

ここ!!!!!!!

とらや!!!!!

寅さんの舞台となったとこですね♪

中はかなり広くて、映画のとらやで出していそうもないお料理なんかもあるみたいでした笑

でも、ほら!とらやといえばおだんご!!!

ってことで、食べ歩き用のお団子を買いました♪

草団子に海苔がまぶしてあって、しょうゆ味!甘いおだんごが出てくるのを想像してたのでびっくりでした!(他のお店には甘いお団子もありましたよ♪)

もっちもちしてておいしい♪

ただ、のりが前歯につくんじゃないかとひやひやもんでした笑

趣深いお店ですね^^ こんな素敵なお店がたっくさんありました♪

そして、おだんごを食べながらてくてく歩くと、、、

帝釈天入口!!!!

御前様が出てきそうですよね♪源さんがほうきで掃いてるんじゃないかってわくわくしました★

帝釈天!かっこいい~!

中にも入れます^^

ちょうど、柴又の人たちがフリマをやっていました。

みんなにぎやかですごく活気のある町でした!

東京弁!!って感じのしゃべり方も聞けてなんか良かった^^

そして、またてくてくあるいて・・・

寅さん記念館へ!!!

ここは、寅さんファンは絶対行くべきです!!!!!

めっちゃくちゃ楽しかったです!!!!!!

まず、入ってすぐにスタッフさんたちの巨大パネルがいっぱいあって、山田洋次監督と、実際に使われていたカチンコやチェアやメガホンがあって、うわぁぁああぁってなりました笑

そして、小さな紙芝居風の人形劇みたいなのが見れます!

これがすごいんです!!!寅さんが家出するまでの記録が、幼少時代から観れちゃうんです!

さくらを演じる賠償千恵子さんの声で、幼少時代・戦争時代を振り返る音声が流れて、なんだかじーんとしました…。

 

そして、次のフロアに行くと、実際に使われたセットが!!!

そう、おじちゃんとおばちゃんが営む「とらや」!

ほんっとに感動して、テンションが上がりまくりでしたww

そして、寅さんの部屋のセットのところにスクリーンがあって、「男はつらいよ」の名場面集が見れるんです★

めちゃくちゃおもしろくって、ファンの間ではおなじみ、あの有名なメロン事件とか笑、みんなくすくす笑ってました♪

それに、寅さんのファッションのこだわり、とか、衣装について、制作現場の映像、寅さん演じる渥美清さんの映像なんかもあって、ほんっとに楽しかったです!!

私が驚いたのは、寅さんの衣装。

寅さんは雪駄に並々ならぬ愛情があったり、寅さんが部屋で着ているちゃんちゃんこにも実は秘密が…。

あのちゃんちゃんこ、女物なんだそうです。

そして、ちゃんちゃんこのデザイン、実は、江戸時代の時代の最先端のファッションを楽しんでいた歌舞伎俳優の着物のデザインと似せているんだそうです!!!

映画を観るときに、ちゃんちゃんこの柄にも要注目ですね★

そしてその他にも、柴又の街の風景を再現している小さな街並みや、いろんなシーンが見れるテレビ、クイズ、そして寅さんの衣装なども展示してありました!

 

そしてそして。

寅さん演じる渥美清さんの命日、8月4日。

渥美清さんが亡くなって数年後の同じ日、なんと寅さんそっくりの埴輪が発掘されたんです!!!!

それがこれ!!!

寅さんとおんなじ帽子をかぶって、同じような細い目!!!!

すごいー!!!

しかも、約1300年前の奈良時代に、葛飾・柴又に「とら」と「さくら」という名前のつく人々が住んでいたらしい、ってことがわかったそうなんです・・・・!!!!!!

これすごくないですか!?!?

「孔王部 刀良」(あなほべ とら)

「孔王部 佐久良売」(あなほべ さくらめ)

ね!?!?すごいですよね!?!??!

 

いやぁ~…もぉね、ほんっとに楽しいところでした^^!!

 

若いカップルがいたんですが、そのカップルは寅さん見たことなかったみたいなんですが、

「おもしろいね!!観てみたくなった♪」

って言ってて、私がなぜかとっても嬉しかったです笑ww

 

とっても良い時代の日本が描かれているこの映画、是非観てみてください♪

オススメです★!

 

 

 

 

 

 

コメント:1

Beatrice 2014年1月25日

That’s cleared my thoughts. Thanks for cottbiruning.

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://chikachika11.cielweb.info/2012/05/torasan.html/trackback
トラックバックの送信元リスト
『男はつらいよ』の舞台となった葛飾区柴又へ行ってきました★寅さんの聖地!! - 夢の東京生活 より

ホーム > 東京-生活 > 『男はつらいよ』の舞台となった葛飾区柴又へ行ってきました★寅さんの聖地!!

検索
フィード

ページの上部に戻る